« UNDER COVER, 三十周年目のコレクション、”動き! 蠢き!! そして、創生!!!“。/其の一: | メイン | MIYASHITASOLOISTのショーに撃たれた衝撃という快楽。 »

『 The Club BERGHAIN in Berlin.で彷徨う。THE HAPPY CHAOS !! 』

『 ベルリンのクラブ “The Club BERGHAIN”彷徨記。』

 このクラブ “BERGHAIN”は世界で最もその存在価値を耀かせているベルリンならではの
“Super Extra Cool”なクラブである。
<https://www.berghain.berlin/en/>

“People seek their respective hedonism.”
/29th. Jan. ‘20:

『 この中は
一つの大きな街。

無機質で無表情な空間。
かつては人間が生活の一部が
営まれていた空間とは思えない深い空間。
そして、自らを映し出す術のない空間。

絶え間なく続く激しさの一つのリズムに
委ねられた波動は身体をより捻るが如く
ただ、身体を液状化する。
かつての音は耳が機能したように
ここでの波動は内臓を機能する。

その存在を保って、個人主義者たちが、
自由を求めて本能のままに
自分たちが欲するリアリティをつくる。
ここではヒエラルキィがない、
虚飾がない、
仮想空間でもない、
SNSもない、
繋がらない、ここだけの世界。

ここにはファッションはない。
外の世界のあるべきものとしての
虚飾なるファッションの世界は皆無。

この空間では、ファッションとは皮膚&スキン。
かろうじて、選ばれて身につける一片だけが
ファッションと呼ばれるもの。
自らが見せたい自己、
自らが隠したい自己。
そのための究極のミニマリズムが
この世界でのファッション。

彷徨い疲れた個人主義たちは、
持ち得たと思う自由を術に、
より、真淵なる
それぞれの自由を求め探すために
この世界へ辿り着くのであろうか。
或いは、旅発つのだろうか?

究極なる自由とは
それぞれが求める快楽?
あるいは、ここでしか求められない自由、
それが快楽, ”HAPPY CHAOS”.

人間はそれぞれの属性を求める。
それは国籍ではなく、民族でもあり、
寧ろ、生き方に由来し始める。
彼らたちの生き方の最終レベルには
それぞれが求める、快楽がある。

モードの最終的行方も
この“快楽”にたどり着く。
「快楽のためのユニフォーム」という
古くて、新たなカテゴリーが生まれる。
生殖感覚が研ぎ澄まされる。

ただ、自分たちが探し求める自由のための
人はそれを快楽と呼ぼうが、
快楽のカテゴリーに対してのユニフォームが
今後のファッションの根幹。

全く、このTHE BERGHAINは、存在するメトロポリス。

とにかく、すごかった!!
新しいもう一つの国を見たような、
僕は少年のような老人になってしまった。 』

***
“People seek their respective hedonism.” 
/ 29th. Jan. ‘20:

“ In this
 One big city.

 An inorganic, expressionless space.
 In the past, humans were part of life
 A deep space that you can't imagine as if it had been run.
 And there is no space to reflect yourself.

 One rhythm of incessant intensity
 The entrusted wave will twist your body more
 Just liquefy the body.
 The old sound was like the ear worked
 The waves here function the internal organs.

 In keeping with its existence, individualists
 Instinct for freedom
 Create the reality you want.
 There is no hierarchy here,
 There is no fake,
 Not a virtual space,
 No SNS,
 A world just here, not connected.

 There is no fashion here.
 As what the outside world should be
 There is no fancy fashion world.

 In this space, fashion is skin & skin.
 Barely, only one piece selected and worn
 What is called fashion.
 The self that I want to show,
 The self that you want to hide.
 The ultimate minimalism for that is
 Fashion in this world.

 The wandering and tired individualists,
 Using the freedom you think you had,
 More deep
 To look for each freedom
 Will we get to this world?
 Or will you leave?

 What is ultimate freedom?
 The pleasure that each seeks?
 Or the freedom required only here,
 That's pleasure, "HAPPY CHAOS".

 Humans seek each attribute.
 It's not a nationality, it's a nation,
 Rather, it begins to derive from a way of life.
 The final level of their way of life
 There is pleasure that each seeks.

 The final destination of the mode
 We reach this "pleasure".
 "Uniform for pleasure"
 Old and new categories are born.
 The reproductive sensation is sharpened.

 Just for the freedom we seek
 People call it pleasure,
 Uniforms for pleasure categories
 The foundation of future fashion.

 Indeed, this Berghain is a metropolis that exists.

 Anyway, it was so cool & amazing !!
 Like seeing a new country,
 I have become an old man like a boy.  "
/ By Taque.HIRAKAWA:

※後記;
    この衝撃の体験から数日後、僕は76歳の誕生日を迎えた。
この75年間、こうして健康で僕の好きな世界に身を委ねられ、生きてこられた僕の人生と言う
“リアリティ”とは多くの人たちの優しさと愛によって助けられ、支えられ後ろを押して頂いて
来た“不連続の連続”と言う恵まれた時間の流れと関係性の繋がりの賜物でしかありません。
 改めて、この誕生日という記念の日に皆様に感謝と御礼を申し上げます。
そして、僕は先日のベルリンでのこの“The Club BERGHAIN”へゲストで連れられ、
彼のガイドで異空間を彷徨った経験を新たな歳の始まりの儀礼として
今後への” The force of Curious Chaos“として、こゝろに残し、
母が生きれなかった時間を自分らしく豊かに生きたいと誓うのみです。
合掌。
平川武治:

※ Postscript;
 A few days after this shocking experience, I reached my 76th birthday.
The life I have been able to survive and live in my favorite world for the past 75 years
"Reality" is helped by the tenderness and love of many people, supported and pushed back
It is only a gift of the connection between the blessed flow of time and the relationship that has come.
 I would like to thank and thank everyone again on this anniversary of this birthday.
 And I was taken to this "The Club BERGHAIN" in Berlin the other day as a guest
and with him.
 I want to leave the experience of wandering in a super cool space as a ceremony of the
beginning of a new age as “The force of Curious Chaos” in the future,
and to leave the time when my mother could not live richly like myself I only swear.
Gassho/ The Deep Prayer.
Taqueji Hirakawa:03 Feb. ‘20:

投稿者 : editor | 2020年02月11日 22:01 | comment and transrate this entry (0)

コメントしてください




保存しますか?